英単語を確実に覚える方法

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

英会話を上達させる時や
TOEICでスコアを上げたい時は
必ずと言って良いほど「単語」を
覚えなければいけません。

「でもなかなか覚えられないですし、めんどくさいんです」

確かに分かります。僕もこう見えてとても
めんどくさがり屋なので単語を覚えるのは
嫌いなんです笑

 

しかし単語を覚えることは英語を上達させるに
当たって避けられない事実です。

単語を知らないと話になりません。

 

そこで今回は、

「苦手な英単語を確実に覚える方法」

を今回はご紹介したいと思います。

 

ステップ1)英単語帳、情報カードを用意する

今回は僕がいつも使っている金のフレーズと、
情報カードをご紹介したいと思います。

これが金のフレーズ。

 

そして下の写真が「情報カード」です。

これは「ダイソー」で買った情報カードです。

この2つをまずは準備します。

ステップ2)苦手な単語を抽出し、情報カードに書いていく

まずはこちらの写真を観て下さい。

これは僕が覚えている金のフレーズのあるページですが、
左端の枠外に線が書かれていますよね。

これは僕が苦手な単語です。

特に右下のculinaryが覚えられなくて、
何度も書いています笑

 

その苦手な単語を抽出して、
情報カードに以下のように書いていきます。

1つのカードに1つだけ書きます。

そして裏には、

こんな感じで、日本語訳と、ちょっとした文章や
よく使われる組み合わせ(親和性の高いモノ)を書きます。

 

ステップ3)続けて書いていき、覚えたら”捨てる”

他の苦手な単語も続けて書いていきます。

そして、

「覚えたな」

と思った単語はそのカードを
どんどん捨てて行って下さい。

そして忘れたらまた覚え直せばOKです。

苦手な英単語を覚える時に情報カードを使う3つのメリット

メリット1)苦手な英単語”だけ”を集中的に覚えることが出来る

もちろん英単語帳だけでも覚えることはできます。

しかし、英単語帳の場合だと、

・覚えた英単語
・覚えていない英単語

この両方が英単語帳には存在します。

 

と言う事は、そのページを観た時に、

「情報量が多過ぎる」

のです。

 

もちろんシンプルであればあるほど
脳への負担は減りますし、
何を覚えるべきかに集中できます。

更に1つの情報カードに1つだけ
単語を書くようにしてください。

 

2つも3つも書く方法はありますが、
余計な情報が入ってきて集中できません。

なので1つのカードに1単語。

 

これを実践していきます。

メリット2)覚えたらその情報カードを捨てることが出来る

もちろん「単語カード」が使いやすければ
そちらを使ってもらっても構いません。

 

しかし情報カードの場合、

・すぐに捨てれる
・すぐに順番を並び替えることができる
・枚数を自由に調節することができる

のです。

 

今回の「情報カード」は
ダイソーで買ったモノなので、
200枚で100円です。

大きい情報カードだと、
確か100枚で100円でした。

 

なのでその辺りは個人の好みにお任せします。

メリット3)”わざわざ”英単語を書くことによって記憶に定着しやすい

僕が今回強調したいのが、

「わざわざ」

です。

 

確かに読んでいる途中で、

「でもめんどくさいよなー」

と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、今の時代って何でも
すぐにカンタンにできますよね。

それはそれで良いのです。

 

しかし、”わざわざ”あなたが書くことによって、
その単語に”愛着”が湧くようになります。

 

単語帳を使って覚えた単語も覚えていますが、
手書きでまとめた単語の方が、
自分がそれぞれの苦手な単語に
対してエネルギーを使っている。

そしてちょっとした思い出になります。

 

その結果、徐々に愛着が湧いてきて、
一度覚えたら忘れにくくなっていきます。

マニアックな単語ですが僕の場合、
staphylococcus(ブドウ球菌)という
全然訳に立たない単語を未だに覚えています。

 

確かオーストラリア留学中の語学学校で
出てきた単語でした。(しかも1回だけ)

 

でも僕が心がけていたのは、手書きで
何度も覚えるようにしていました。

 

「情報カード」を使って
単語を覚えることをによって、自分専用のオリジナル
英単語カードが完成するという事になります。
(※覚えたら捨てられる運命になるのですが笑)

まとめ:スマホや英単語帳も良いけど情報量が多すぎて「集中できない」可能性が高くなります。だから、敢えて「情報カード」をおススメします

もちろん英単語帳やスマホでも良いのですが、
特にスマホの場合何でもできますし、誘惑も多いです。

「この単語の意味なんだっけ?」

 

とスマホで調べて分かるまでは良いのですが、

「ちょっと休憩」

の意味でネットサーフィンしたり、
SNSしたり、ゲームしたりすると
気づけば時間があっという間になくなります。

 

そういう意味でも、今回の
敢えてのアナログ形式、

「苦手な英単語を抽出して、情報カードに書き込み集中して覚える」

ということを実践して頂ければと思います。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA