【予告】近々「2ヶ月でスラスラ読める!英語リーディングコース」の募集を行います。

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

今回は、先日「満員御礼」になりました、

「2ヶ月でスラスラ読める!英語リーディングコース」

こちらの募集を近々行いたいと思います。

募集時期

まず募集時期からお伝えすると、

・5/26(木)21:00~

この日時に、こちらのブログで募集開始を予定しています。

 

タイトルは、

「2ヶ月でスラスラ読める・・・」

と書いていますし、それを目指して、英語リーディングコースを進めて行く予定です。

 

ですが、以下の方も対象となります。

対象

・少し時間かかっても良いので、しっかり英文を読みたい方

・英語記事を読む上で、自分の課題をクリアしたい方

・文法も併せて上達したい方

・正確に英語記事を読めるようになりたい方

・短期集中で英語リーディング力を底上げしたい方

・etc….

 

僕も改めて感じているのですが、英語、本当に読めた方が良いです。

 

例えば、

・日本では語られていない記事が英語で読める

・情報の偏りが減る

・語彙が増える

・好きなアーティストの発信やファンのコメントが読める

・TOEICや英検等のスコアアップに役立つ

・英語の記事が少しずつ読めるようになる

・英語で記事を読むことは、脳を鍛える事に繋がる

・幅広い情報から学ぶ機会を得られる

・最新情報が手に入る

・自分が興味ある分野を英語で読めるようになる

・etc….

等々、これらのメリットがあるんですね。

 

特に最近僕が感じているのは、

「自分が興味ある分野を英語で読めるようになる」

なんです。

 

と言うのも最近、コーヒーを淹れる事ににハマっています。

これはインスタントコーヒーとかではなく、自分で豆から挽いてお湯の温度を調節し、最高の一杯を求めて毎朝豆を挽いています。

(妻からは「朝から騒がしいな」と言われてますが^^;)

 

先日も、

「はじめてのおうちカフェ入門」

はじめてのおうちカフェ入門 自宅で楽しむこだわりコーヒー | 岩崎 泰三 | クッキング・レシピ | Kindleストア | Amazon
Amazonで岩崎 泰三のはじめてのおうちカフェ入門 自宅で楽しむこだわりコーヒー。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

と言う本を購入し、日々コツコツ楽しく読んでいます。

 

英語の記事でコーヒーの淹れ方を読むメリット

もちろん美味しいコーヒーを淹れる為には日本語のみでも良いのですが、英語の記事も読み始めているのです。

 

何故かと言うと、

・コーヒーの淹れ方を英語でも学べる

・語彙が増える

・「コーヒー好き」な外国の方と繋がれる

・英語ではこのように表現するんだ!と勉強になる

・コーヒーの味や香りを表現する幅が広がる

・英語の動画も観れるし、勉強になる

・etc….

これらの理由があるからなのです。

英語がスラスラ読めるようになる秘訣

英語を読めるようになる方法は色々あるのですが、その中でも僕が大切にしているのは、

「自分が興味あるモノを素材にすること」

です。(※もちろんレベルも合わせます)

 

あなたがどんなに英語を読めるようになりたくても、記事の内容に全く興味なければつまらないですよね。

 

しかし、

「英語×あなたの興味があるモノ(例:美味しいコーヒーの淹れ方」

であれば、「読んでみたい!」

と言う気持ちになると思います。

 

このように、これから募集をする「英語リーディングコース」では、あなたの英語レベルに合わせつつも、興味がある内容を中心にレッスンを進めて行きます。

 

楽しく英語を学ぶのが、英語リーディング力アップへの近道です。

 

「楽しく英語が学べる」

これって本当に理想ですよね。

 

それを実現させつつ、あなたの英語リーディング力アップのお手伝いをしますので、興味のある方はこの機会に是非ご参加して頂ければと思います。

興味のある方は、「優先案内メール」に登録しておいて下さい。

あ、因みに今回の

「英語リーディングコース」

に興味のある方には、「優先案内メール」のご案内をしています。

 

こちらに登録して頂くと、通常募集よりも、優先的に案内を受け取ることが出来ます。

 

なので、一足先に優先的に受け取りたい方は、「優先案内メール」に登録しておいて下さいね。

 

それでは今回は以上になります。

 

もし質問などありましたら、お気軽にコメントして下さい。

では、ありがとうございました!

戸川

 

「優先案内メール登録」はこちら

 



 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました