【間違える人続出!?】It could be worseは「あまり良くない」と言う意味で合っている?

【間違える人続出!?】It could be worseは「あまり良くない」と言う意味で合っている?

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

先日Twitterで以下のようなアンケートを取った所、このような結果が出ました。

 

何と39.6%の方が、「あまり良くない」と言う回答をされました。

さて、正解はどれなんでしょうか?

It could be worse.の意味は、「悪くない」と言う意味です。

「えーー!!そうなんですか?あまり良くない、と言う意味ではないんですか?」

 

はい、実は違うんです。

 

ここが助動詞couldのややこしい所でもあるのですが、今回の文章の直訳は、

「これから悪くなる可能性はある」

と言う意味です。

 

そしてここからもう少し紐解いて行くと、

これから悪くなる可能性はある→現状は悪くない」

と言う意味になるのです。

 

「そうだったんですね!全然知りませんでした・・・。」

 

はい、僕もこれを最初知った時は衝撃でした。

自分が思っていた意味と全く逆だったのでビックリしていました。

 

ですので今回の問題を間違えたからと言って、ガッカリしないで下さいね。

 

なのでもしIt could be worse.と聞こえてきたら、

「あ、今は悪くないんだな」

と理解してもらえればOKです。

It could be better.だと、「あんまり良くない」と言う意味です。

その反対に、

It could be better.

と聞こえてくると、

 

「良くなる可能性がある→(現状)あんまり良くないよ」

 

となりますので、この辺りを気を付けて頂ければと思います。

 

英会話例文

A:Hey, Bob! How are things going?
(やぁ、ボブ!最近どう?)

 

B:Hey Mike, it could be worse.
(やぁマイク! 悪くないよ)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回のフレーズは間違いやすいフレーズでもありますので、この機会にマスターして下さいね。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

●こちらの記事もよく読まれています

Are you~?とDo you~?の違いについて解説します。

英語でCan you speak Japanese?と言わない方が良い理由。

冠詞のaをつける・つけないってどこで判断するの?

やさしい英文法7日間無料メールセミナー

 

 

 

 

 

 

【無料】3秒英会話メルマガ

忙しい方、時間のない方に向けてお届けしています。英語音声付で、使える日常英会話フレーズを配信中!毎日あなたの英語力がUPしていきます。いつでも配信解除可能です。1日1フレーズから気軽に英会話を始めたい方は、この機会に是非無料登録して下さいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA