「テンション高い」って英語で何と言う?

 

「テンション高い」って英語で何と言う?

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

今回は、

「テンション高いを英語で何と言う?」

と言うタイトルでお話していきたいと思います。

 

実は多くの日本人の方が言ってしまいがちなのが、

 

I’m high tension!!

 

です。

 

「えっ、これって違うんですか?」

はい、違うんです。

 

もしあなたが、high tensionと言ってしまうと、このtensionの意味は、

 

名詞:緊張、伸張、(精神的な)緊張、テンション、(情勢・関係などの)緊張(状態)、張力、電圧

この意味になってしまうのです。

 

「えーそうだったんですね!全然知りませんでした・・・」

 

いえいえ、大丈夫です。

誰だって間違いはありますし、僕も散々間違えてきたので、自分を責めないで下さいね。

 

「今回は間違えちゃったけど、今度からちゃんと言えるようにしよう!」

と言う感じで軽く捉えてもらってOKです。

 

全然深刻になる必要はありませんからね。

それでは英語で「テンション高い」は何と言うのでしょうか?

 

これから幾つか紹介していきますね。

1)I’m so excited!!(とてもワクワクしている!テンションが高い)

こちらが一番分かりやすいと思います。

 

何か楽しいことに対してワクワクしている状態を、今回のexcitedでは表しているんですね。

 

何かに対して楽しくて待ちきれない、期待と喜びで溢れている、この事から、

「とてもワクワクしている、テンションが高い」

と言う意味になります。

 

例文:

I’m so excited because I won the lottery yesterday!  Soooo happy!
(昨日宝くじ当たったからとてもテンション高いです!!めちゃ幸せー!!)

 

このような感じで使います。

2)I’m so pumped up!(テンション高いです!)

こちらの表現は先ほどのI’m excitedと同じですが、今回のフレーズの方がより口語的表現になります。

更に、こちらの表現を相手に使うと、I’m excited!よりも、更に上のテンションが高い感じが伝わります。

 

例文:

He really got pumped up last night !
(昨晩、彼凄いテンション高かったよね!)

 

3)I’m hyper!(異常に・非常にテンション高いです!)

こちらの表現は、良い事があったり、あなたが楽しい場にいて、自分の感情を表現したい時に使える表現です。

基本的には上記の意味で使われますが、他にも、

 

・エナジードリンクを飲み過ぎた

・コーヒーを飲み過ぎた

・カフェインを摂取し過ぎた

 

このような時にも、hyperが使われます。

 

例文:

・He’s kind of hyper today.
(彼何だか今日テンション高いね)

 

・Why is he so hyper today?
(何故彼はそんなにテンション高いんだろう?)

 

・I don’t drink coffee. Because caffeine makes me hyper and unable to sleep.
(コーヒーは飲まないんだ。何故ならカフェインとるとテンション高くなって眠れなくなるからね)

 

このような感じで表現をすることができます。

high tensionは和製英語!なので気をつけて使いましょう。

今回は「テンション高い」を3つ表現しましたが、まずはI’m excited!!から使ってもらってOKです。

 

そしていつも同じ表現に慣れてきたら、他の2つの表現、

 

・I’m so pumped up!

・I’m so hyper!

 

この2つも使いこなせるよう目指して行きましょう!!

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

●こちらの記事もよく読まれています

I want to~とI would like to~の違いと使い方事例

 

 

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA