「負けず嫌いなんです」を英語で何と言う?

「負けず嫌いなんです」を英語で何と言う?

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

今回のお題は、

「負けず嫌いなんです」と英語で何と言うか?です。

 

こちらの答えは、

I’m competitive.
(アイム コンペティティヴ)

と、言います。

 

今回の表現は、主に「性格」を表す時に使えます。

自分の性格を表現する前に、相手からこのような質問で聴かれることがあります。

 

英語で性格を聞かれる時の質問例文集。

 

・What is your personality like?
(あなたの性格はどのような感じですか?)

 

・How would you describe your personality?
(自分自身をどのように表現しますか?)

 

・What kind of person are you?
(あなたはどんなタイプの人ですか?)

 

このように質問される事があります。

 

そう言えば僕も、過去オーストラリアに留学していた時に、IELTSと言うテストを受けました。

その時のスピーキングテストで、このような質問を聞かれた覚えがあります。

What is your personality like?と聞かれた時の答え方

これに対し、

I’m_________________________

と、この下線部にあなたの性格を入れます。

 

性格を表す言葉はたくさんあるのでいくつかピックアップすると、

 

kind(優しい)

 

friendly(フレンドリーな)

 

honest(嘘をつかない、正直な)

 

serious(真面目な)
(※ネガティブな意味で使われる事が多いです)

 

energetic(エネルギッシュな)

 

outgoing(外向的な)

 

shy(恥ずかしがりやな)

 

polite(礼儀正しい)

 

patient(我慢強い)

 

childlike(※良い意味で 子供のような、子供らしい)

 

ambitious(野心的な)

 

talkative(お喋りな)

 

sensitive(繊細な)

 

sociable(社交的な)

 

gentle(優しい)

 

curious(好奇心旺盛な)

 

generous(気前が良い)

 

stingy(ケチな)

 

easy-going(気楽な)

 

humble(控えめな)

 

devoted(献身的な)

 

optimistic(楽観的な)

 

pessimistic(悲観的な)

 

passive(消極的な)

 

active(行動的な)

 

quiet(静かな)

 

obedient(従順な)

 

cat person(猫好きな)

 

dog person(犬好きな)

 

lazy(怠け者、怠惰な)

 

これらの表現等があります。

 

他にもたくさんありますが、あなたの性格を表す形容詞をこの機会にマスターしてみて下さい。

英語では言葉に依存する言語ですので、自分のことをしっかり表現できた方が良いですね。

 

日本語でもそうですが、やはり性格を伝えること、自分のことをしっかり相手に伝わることが大切ですので、この機会に自分の性格を表現する単語をマスターしておきましょう!

 

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました。

 

●こちらの記事もよく読まれています

英語で「一緒に遊ぼうよ!」はLet’s play together!で合っていますか?

the sooner,the betterはどう言う意味ですか?

英語で相手を褒める英会話フレーズまとめ

英語を間違えるのが恥ずかしい。そんな方に向けて恥ずかしがらないコツをまとめました。

 

 

 

 

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA