「お疲れさま!」を英語で何と言う?言えそうで言えない英会話14フレーズまとめ

「お疲れさま!」を英語で何と言う?言えそうで言えない英会話14フレーズまとめ

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

「お疲れさま!」

 

この表現、言えそうで言えないですよね・・・。

僕も過去何度か英語で言おうとしたのですが、とっさに出てきませんでした・・・^^;

 

そこで今回は、「お疲れさま!」を英語で何と言うか、紹介していきたいと思います。

 

1)You must be tired:「おつかれさま」

こちらの「おつかれさま」は、相手が明らかに疲れきっている時に使える表現です。

 

直訳すると、

「あなたは疲れきっているに違いない→おつかれさま」

と言うように、変換することができます。

 

ここで何人かの方はお気づきかもしれませんが、実は、日本語では「お疲れさま」と言う表現は色々な場面で使うことができます。

しかし英語の場合は、場面や誰に言うのかによって、表現が変わってきます。

 

少しずつで構わないので、マスターして下さいね^^

では続いて参りましょう!

2)Good job! 「お疲れさま!」

こちらは、仕事やその他のことで、何かを達成した時に使える表現になります。

 

例えば、会社の部下が一生懸命プレゼンを頑張り、とても良い評価を上司からもらった。

 

そこで、あなたが、

「Good job!(おつかれさん!)」

このように表現することもできます。

 

こちらと同じように、以下の表現も使うことができます。

 

・Congratulations!
(おめでとう!おつかれさん!)

 

・Well done!
(よくやった!おつかれさん!)

 

・It was great!
(上々だったよ!おつかれ!)

 

・Thank you for your hard work!
(おつかれさま、お疲れ様です!おつかれさん!)

 

・You made it!
「(大変でしたね、と言う意味の)やったね!、おつかれさん!できたね!)」

 

・That’s was a tough day. Thanks for your hard work.
(今日は大変でしたね。頑張ってくれてありがとう!/おつかれさん!)

 

これらの表現も使うことができます。

 

 

3)See you tomorrow「おつかれさまでしたー」

こちらの表現は、

「職場・帰宅・退勤する場面の、帰り際のフレーズ」

としても、使うことができます。

 

See you tomorrowは、直訳すると、「また明日」となります。

 

ですが、このフレーズの中にも、

「お疲れ様、お疲れ様でしたー」

と言う気持ちも入っていますよね。

 

他の表現で言うと、

 

・See you on Monday
(また月曜日に、おつかれさまー)

 

・Bye / Goodbye / Goodnight.
(またね、おつかれさーん!)

 

・Have a good weekend!
(良い週末を!おつかれさまー)

 

このように表現することも可能です。

 

まとめ。

いかがでしたでしょうか?

 

毎度のことながら、

「日本語って便利だなー」

ってつくづく思います。

 

今回は、日本語の「おつかれさま」は、色々な場面で使えることができます。

 

あとは、

「よろしくお願いします」

と言う言葉も同じですよね。

 

しかし英語では、場面や誰に言うのかによって、それぞれフレーズが異なる、ということも理解できたと思います。

 

今回このことだけでも学びになりますので、

 

「日本語と英語の違い」

 

ここも今回は一緒に知っておいて頂ければと思います。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

●こちらの記事もよく読まれています

Could you~?とWould you~?の違いって何ですか?

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA