「詰んだ」って英語で何と言う?

「詰んだ」って英語で何と言う?

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

今回は、「詰んだ」を英語で何と言うかがお題になります。

 

これは、

・人生が詰んだ

・もう終わった

・やっちまった

などを英語で表現したい時、どういうかを今回ご紹介したいと思います。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

1)It’s over for me:「もうダメだ」

今回の表現が一番分かりやすいと思います。

 

シンプルに、

It’s over..

と表現していますからね。

 

そして後半に加えて「誰が」を表現していますので、

It’s over for  me.
(もうダメだ・・・)

このように表現ができます。

 

2)I don’t have a chance.「もうチャンスがない。オワタ」

こちらの表現もつかいやすいですし、理解しやすいですよね。

チャンスがない=詰んだ

このようになります。

 

I don’t have a chance…
(チャンスがない)

 

感情を込めて、そしてイメージしながら表現すると、覚えやすくなります^^

 

3)I’m so screwed.「やべー。やっちまった」

こちらの表現は、

「自分がとても困った状況や悪い状況」

このような時に使えるくだけた英語表現になります。

 

詰んだ」

「もうダメだ」

「終わった

 

特に今回のポイントは、soを入れることで、自分の気持ちに

 

「しまった・・・。やってしまった・・・」

 

という感情を込めることができます。

 

4)That sucks! 「ついてない、うわ最悪・・・」

こちらはフォーマルというよりかは、くだけた表現になります。

なので、目上の人に対して使うのは避けましょう。

 

あなたのテンションがめちゃくちゃ下がって、

 

「うわ、もうほんと最悪。詰んだじゃん」

 

って時に使う表現となります。

 

5)That test murdered me「オワタ、詰んだ」

直訳すると、

「そのテストは、私を殺した」

とかなり強い表現にはなりますね^^;

 

murderという単語の意味が、

 

名詞の場合:殺人、ひどく困難なこと(不快、危険)なこと

動詞の場合:殺す、台無しにする、ぶちこわす

 

と言う意味があります。

 

もう本当に終わったと感じた時には、これらの表現が使えます。(もちろん使いたくないですけどね^^;)

まとめ

さていかがでしたでしょうか?

 

他にも、

I’m done

という言葉も「終わった・・」と言う意味になりますが、時と場合によっては、

 

A)準備ができた

B)食事などが「終わった」

C)状況などに「飽きた、疲れた」

D)「済んだ」「へとへとになった」「消耗し尽くした」「疲れた」「もうやめた」

E)I’m done with him.(彼と別れた)

 

このように、意味が変わる時があります。

 

一気に全て覚えるのはしんどいと思いますので、1つずつ楽しみながら、覚えてみて下さいね^^

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

●こちらの記事もよく読まれています

I want to~とI would like to~の違いと使い方事例

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA