英語の伸び悩みを感じている人へ。気持ちがちょっとラクになる考え方

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

英語上達をするにあたって
どうしても結果が早く欲しい、
リスニングを短期で上達させたい、
すぐにペラペラになりたい、と
思ってらっしゃる方も少なくないと思います。

 

しかし現実的には
上記の結果を出そうとすると、

「スパルタ英会話」

になってしまいます。

 

もちろん目的や好みもありますので、
一概にどれが良くて悪いとは言えません。

それぞれの価値観もありますし、
本当に短期で上達しなければいけないくらい
切羽詰まった状況の方も中にはおられると思います。

 

ですがほとんどの場合、
上記のような「スパルタ英会話方式」を
選択してしまうと1日の負荷が急激に増え、
実際かなりの宿題をこなしたとしても、
英語が嫌になったり、ある期間を
修了したとしても本当のスタートは
その後からなんです。

 

だから僕の提案する英語勉強法は、

・毎日
・少しずつ
・コツコツと

この3つをキーワードにしています。

 

そして効果を実感できるのは、
6ヶ月後に設定しておきます。

 

と言うのも、何故だか分かりませんが、
私たちが無意識に想像してしまうのが、

「これくらいやったんだから、すぐにぺらぺらになれるだろう」

と期待してしまうことです。

 

期待しても構わないのですが、
それ以前に、

・やるべきことが継続できない
・結果を急ぎ過ぎる

この2点があり、

「あーやっぱダメなんだ」

と自己嫌悪に陥ってしまうのです。

 

このようなパターンの方を
今までたくさん見てきました。

 

もちろんもうこのようなサイクルに
ハマって欲しくないですし、
何度も自己嫌悪に陥って欲しくないのです。

 

だから僕が提唱するのは、

「毎日、気長に、コツコツと」

これが最も確実で6ヶ月後には
リスニングや文法、英会話どれにおいても
自分が成長したことを実感しやすいのです。

 

当たり前ですが、
宿題もちゃんとこなす
必要はありますよ。

 

良い意味であまり自分に期待していないので、
「まぁ気長にコツコツ行こうマインド」が
完成しているので、焦ることなく、
感情的に振り回されることもなく、
淡々と進めて行くことが出来ます。

 

その結果ある日、

「お、何だかリスニング聞き取れるようになってきたぞ」

となって、効果を実感し始めます。

 

そうなったらしめたものです。

徐々に毎日こなす量を増やしていき、
正しい勉強法、時間、没頭度を
上げて行けば、確実に英語は上達していきます。

 

なので、短期思考ではなく、長期思考で、
焦らず気長に英語学習を続けて下さいね。

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA