漫画「鬼滅の刃」 竈門炭治郎の名言「兄ちゃんが絶対助けてやるからな!」って英語で何と言う?

漫画「鬼滅の刃」 竈門炭治郎の名言「兄ちゃんが絶対助けてやるからな!」って英語で何と言う?

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

さて既に説明不要の大人気漫画、

 

「鬼滅の刃」

 

ですが、今回はその中の名言や名台詞を英語にするとどうなるか?

 

そして、文法的な視点でも、どういう気持ちが込められているか、これらを分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

それでは早速始めて行きましょう!



「兄ちゃんが絶対助けてやるからな!」って英語で何と言う?

このシーンは第一話になりますね。

 

雪降る中、炭治郎は泣きながら妹の禰豆子(ねずこ)を背負って歩いています。

 

「なんで…なんでこんなことになったんだ。禰豆子死ぬなよ。死ぬな。絶対助けてやるからな。死なせない。兄ちゃんが絶対に助けてやるからな」

 

そして今回は、

「兄ちゃんが絶対助けてやるからな!」

これを英語で何と言うかですね。

 

実は中学英語で表現出来るんです。

 

結論:Your big brother is definitely going to save you!と言います。

炭治郎はここで、

 

Your big brother

 

を主語として選びました。

 

もちろん直訳なので間違いはないのですが、I am~から始めても、特に問題はないと思います。

 

definitelyの意味は?

次は炭治郎がここで、definitelyと言う単語を使いました。

 

definitelyの意味は、

「明確に、はっきりと、確実に、確かに、そうですとも、絶対に(…ない)、断じて(…ない)」

これらの意味があります。

 

ですが、ここでの適切な意味は、

definitelyは「確実さ」、そしてその裏側には「疑いようのなさ」の気持ちが込められているんですね。

 

 

なので、

「兄ちゃんがぜってぇ助けてやるからな!」

と言う気持ちが伝わりますよね。

 

何故、be going to~の形なのか?

何故ならこの時の炭治郎の気持ちは、

 

「心の中ですでに決めている=ねずこを助ける」

 

と言うことです。

 

 

それに対して助動詞willは、

「その場でとっさに決めたこと」

を言いたい時に使います。

 

 

纏めると、

 

・心の中ですでに決めてる事=be going to

・とっさにその場で決めた事=will

 

このように分けることができます。

 

 

しかし個人的には、

 

Your big brother will definitely save you!

 

こちらでも問題はないのかなと感じています。

 

 

先ほどは助動詞willで、「その場で決めたこと」と言いました。

 

ですが、willのコアの意味は、「意志と予測」意志未来(~するつもりである、~します)この意味になります。

 

と言うことは、

「willを使う=兄ちゃんはねずこを助けるぞ!」

と言う「意志」をここで表現しているんですね。

 

 

なので、この理由からも、willを使っても大丈夫かなと考えています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

こうやって、

「大好きなこと×英語で何と言う×文法」

このスタイルで英語を学ぶと、好きな事ですからすっと頭に入ってきやすいと思います。

 

「鬼滅の刃は好きだけど英語は苦手・・・。でも、英語は話せるようになりたいし、文法も理解したい!」

 

と言う方は、是非この方法で学んでみて下さいね^^

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

 

●関連記事

助動詞willとbe going to~は一緒の意味じゃないって本当ですか?

I willとI’llは同じ意味じゃないって本当ですか?

【無料】3秒英会話メルマガ

忙しい方、時間のない方に向けてお届けしています。英語音声付で、使える日常英会話フレーズを配信中!毎日あなたの英語力がUPしていきます。いつでも配信解除可能です。1日1フレーズから気軽に英会話を始めたい方は、この機会に是非無料登録して下さいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA