過去の英語の闇を光に変え味方にする方法

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

僕は英語学習者ならほぼ全員が
英語において何かしらの
闇を抱えていると思っています。

 

例えば、

・英語で挫折した
・発音を誰かに笑われた
・英語で恥を書いた
・悔しい想いを何度もした
・バカにされた
・自分の英語がネイティブに通じなかった
・etc…

数え上げればキリがありませんが、
たくさんの失敗やマイナスの
出来事はあると思うんですね。

 

で、僕最近気づいたのです。

「あまりにも多くの方が、闇を闇のままにして放置し、光に変えていないんじゃないか?」

と言うことです。

 

これはどういう事かというと、

「闇を光に変えて、体験から経験に昇華させていない(=過去の失敗を再定義し、未来へのエネルギーに変えてない)」

ということです。

 

人って何かしら闇を抱えていると思います。

 

その時はめちゃくちゃ苦しいし、
胸が張り裂けそうだったり、
その闇から逃げたい気持ちでいっぱいに
なると思います。

 

そして、時としては時間が
解決してくれる場合もありますが、
数年後、また同じような出来事が起こる。

 

そんなことありませんか?

「あれ、何だかこのパターン、以前と似ているぞ?」

因みに僕は何度もあります。

 

そして現在その課題がやって来ています笑

と言うことは、
その「課題」を正面から向き合い、
乗り越える必要があるんですね。

 

そして正式に乗り越える(=闇を光に変える、学びに変える)と、やっと次に物語が進めていけるようになります。

 

英語で言うと、何度も文法の

「仮定法過去完了」

に躓き、そこから全然乗り越えられない。

 

と言うことは、まずその

「仮定法過去完了」

に正面から向き合い、
乗り越える必要があります。

 

他にも、

「発音が悪くネイティブに「何を言っているか分からない」、のジェスチャーをされた。笑われた」

普通なら凹みますよね。

 

でもこれは、

「そのおかげで、発音が今の自分の課題だということに気づけた」

と、光に変えていくのです。

 

ポイントは、

「そのおかげで・・・」

ということです。

 

そしてその課題をクリアすると、
あなたの英語学習の物語は
次のステージに進んでいきます。

 

確かにその時は苦しいかもしれません。

 

でも、そこを乗り越えると、
過去の嫌な「体験」が
「経験」に昇華されます。

 

この、

「体験を経験に昇華させる」
「その嫌な闇の体験のおかげで・・・」

このように「光」に変えると、過去起こった全ての「闇」だと思えるような出来事が180度に変わり、全てが「光」になっていくのです。

 

僕はワンピースを時々読んでいるのですが、それぞれのキャラクターには過去何かしらの「闇」が描かれています。

 

しかし、その「闇」が濃ければ濃いほど、乗り越えた時に「光輝く」のです。

闇が一切ないキャラクターってあまり惹かれませんよね。

 

闇があるからこそ、
物語として面白いですし、
人を惹きつけられるようになります。

 

そして、あなたも過去の英語での
闇を光に変えて欲しいんです。

 

過去の嫌な思い出や体験、
失敗を再定義し、
闇を味方にするのです。

 

すると、

「そうか、あの時は闇にどっぷり浸かり過ぎて分からなかったけど、あの出来事のお陰で、こんなにも変われたじゃないか!」

と言うようになります。

 

なので、まずは英語での闇を出来る範囲、もしくは1つ紙に書き出してください。

そして、その闇の経験は必ず「意味があって」起こったのです。

 

人生に無意味な出来事はありません。

 

偶然というような出来事も、
何かしら意味があるのです。

 

そして、

「そのおかげで・・・」

と言うように、プラスに繋げて見てください。

 

必ず良い方向に変われます。

そして過去の再定義ができたら、今の英語学習へのエネルギーへ費やして行きましょう!

今までとは違う気持ちで英語学習に取り組めますから。

応援しています。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

パンサー戸川

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA