何十年経っても英語が話せない理由とその対処法

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

「何故日本人は英語が喋れないのか?」

 

等の記事を過去たくさん見てきましたが、僕が今までの中で一番しっくりくるのが

「特に英語が喋れなくても生きていけるから」

ということです。

 

実際そうですし、基本的に英語を喋れることに対して「緊急性」がないんですよね。

 

もちろん仕事で必要とかになってくると、「緊急度」が一気に上がり一生懸命にはなれるのですが、それ以外はこれと言った「緊急度」が基本的に低いです。

 

緊急度が低い状態だと、仕事と同じような立ち位置ではないので、自然と優先順位も下がりますよね。

 

このような理由から、

「何十年経っても英語が喋れない」

という事も言えるのではないかと思います。

 

しかし・・・。

 

今回僕はここで終わるつもりはなく、もう1つ重要な事実をお伝えしていきたいと思います。

 

このお話を聞いて頂くと、最初は

「えっ、そうなの?」

と思うかもしれません。

 

しかし徐々に、

「あー、よく考えるとひょっとしたら私に当てはまるかも・・・」

という気持ちになると思います。

 

ではあなたが何十年も英語を勉強しても話せない理由。

 

それは、

「集合的無意識が影響している」

 

ということです。

 

「えっ、集合的無意識?何ですか、それ?」

 

集合的無意識とは?

「集合的無意識」とは、

 

「多くの人が持っている感情」です。

例えば、

常識、生活の不安、怒り、寂しさ、欲望、恐怖、高揚感、後悔、
嫉妬、比較、疑念、偏った価値観、刺激を求める気持ち、満足感、闇、

これらが当てはまります。

 

「ノイズ」と言う言葉に置き換えても良いかもしれないですね。

 

あなたにも以下のような経験はないですか?

 

・SNSをぼーっと見ていると、気づけばネガティブな感情になっていた。

・2ちゃんなどのサイトを見ていると、普段は批判的な感情ではないのに、そのような気持ちに変わっていた。

・テレビやニュースで「老後2000万円必要」と言われ、一気に不安になった。

・「年金がもう、もらえないのではないか?」という噂も聞き、生きる楽しみがなくなった

・etc…

 

 

さてどうでしょうか。僕もあなたの気持ちを不安にさせるつもりはないのですが、このような情報に触れると、一気にネガティブな感情に傾きやすくなります。

 

これが、

「集合的無意識の影響」

なのです。

 

僕の考えではありますが、あなたの英語上達を妨げるモノになっているのは、この「集合的無意識の影響」がかなりあると思うのです。

 

僕もSNSをよく見ますが、英語に関する良い情報もあれば、そうでない情報もありますよね。

 

これは受けての解釈にもよるのですが、例えば広告で、

「3ヶ月で英語がぺらぺらになりました!」

との声をよく見かけたとします。

 

ここでプラスに解釈出来れば良いのですが、ネガティブな解釈に偏る方もいらっしゃいます。

 

「私、これだけ頑張っているのに、全然喋れない。わたしもう無理なんじゃないかな・・・」

 

という具合です。

 

そして無意識にあなたの中で「上下意識」が生まれ、「他者と比較」します。

これが最もたる、「集合的無意識」なのです。

 

脳がハッキングされる感じですね。

 

この影響を大きく受けて、何十年経っても英語が喋れるようにはなれない、という事も言えると思うのです。

 

もちろん他にも理由はたくさんありますが、その中の1つにこの、

「集合的無意識の影響」

により、あなたのやる気やモチベーションを挫かれている可能性は高いと感じています。

 

「そうだったんですね!確かに今そう言われてみると、結構な影響を受けていると思います。それは英語だけでなく、テレビやSNS等も一緒だと思いました」

 

確かに生命を脅かすようなニュースや情報に長時間触れると、最初は別にそうでもなかったのが、段々不安な気持ちも大きくなり、思考停止、ハッキングされた状態になるのです。

 

しかし、安心して下さい。

 

これから「集合的無意識」に影響されない為にはどうすれば良いか?

その対処法をお伝えします。

 

対処法その1)SNSや批判サイトは見ない、触れない。

某批判サイトなどが特に当てはまります。

僕も過去見ていた時期はありましたが、あまり気持ちのいいものではありません。

 

そこまでたどり着く例としては、

「Twitter→ブログ記事→某批判サイト」

です。

 

「あれ、気づいたら何かここまで来ちゃった」

という経験はあるかと思います。

 

今日限りで、見るのを止めておきましょう。

特に今の時代、年々集合的無意識の影響を受けやすくなっていますので。

 

対処法その2)ネガティブな情報などを見ない。

特にTVやYouTube、SNSから「不意に」そのような情報が飛び込んでくる時があります。

自分は「見ないように」しているのにも関わらず、気づけばそのような情報が飛び込んできています。

 

そんな時は、すぐに消しましょう。

やはり見ない事が一番ですね。

 

対処法その3)集合的無意識を受けやすい「場」に行かない。

例えば、「満員電車」や、「愚痴とか不平不満」「騒いでいる」場所です。

これはリアルな「場所」だけに限らず、「ネット空間」でも当てはまると言うことです。

 

一番わかりやすいのが「満員電車」です。

乗っている人が全て良い気持ちで乗っている訳ではありません。

むしろそうでない場合が多いです。

 

しかし仕事の関係上、乗らざるを得ない方がいらっしゃると思いますので、「そうなんだ」位で思っておいて頂ければ良いかと思います。(※過剰に反応する必要はありません)

もしくは、

「私は影響を受けない」

と決めて、結界みたいなのを(イメージで)作る感じですね。

 

まとめ:集合的無意識が全て悪い訳ではありません。

集合的無意識を使って(理解して)、良い方向に持っていく、又は影響を受けにくくすることだって出来ます。

恐らくこのような概念は今まで知らなかった方が多いと思います。

 

でも今回のお話を聞いて、そういう概念が生まれ、

「そう言われると、過去を振り返ってみたら、そのような影響をたくさん受けてました」

と気づけた方も多いのではないかと思います。

 

そしてこれを踏まえて、英語における他者比較や羨ましい、自分を卑下する、劣等感が出てくる、自信をなくす、日本人は英語がしゃべれない、と言う所から、脱出できると思います。

 

英語だけでなく、「人生」というくくりでも役に立つと思いますので、今回のことを日常生活で活用して頂ければと思います。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

 

 

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA