【英文法】want to~とwould like to~の違いって何ですか?

●want to~ とwould like to~の違い。

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

今回は、

「want to~とwould like to~の違いについて」

書いていきたいと思います。

 

結論から言うと、どちらも

「~したい」

と言う意味です。

 

この両者の間で何が違うのかと言うと、

want to~::直接的な言い方

would like to~:相手にお願いする言い方

この違いです。

 

wantを使う場合、

I want to lose 3kg.

(3キロ痩せたい~!)

と、ストレートに自分の欲求を表現しているのが分かります。

更に、自分の感情を多めに
表現したい場合も、
こちらのwantを使います。

 

子供が「~したい」と言う時も
wantを使っていますね。

 

例えば、「ママこれ欲しい~!」と言う時は、

Mammy, I want this!

(ママー、これ欲しい!)

や、

Mammy, I want to buy this!

(ママー、これ買いたい!)

等の表現です。

 

なので、もし私たちが「~したいです」と

相手に“依頼する形”で言う場合、

would like to~

この形を使う事を心掛けましょう。

 

would like to~の場合、
既にお伝えしました通り、

 

・相手に依頼する場合
・丁寧な表現をしたい場合
・ビジネスシーンで使う場合
・相手を気遣う場合
(私はこうしたいけど、あなたの意志も尊重しますよ)

このような場合に使います。

 

例えばレストランなので、

I would like to have a cup of coffee.

(コーヒー頂きたいのですが)

等の形で使う事が出来ます。

 

丁寧で、カジュアルな場面はwould like to~を。
カジュアルや親しい間柄(友達、家族など)は、
want to~を使うようにすると区別する事が出来ます。

 

wantの場合は、自分の欲求をストレートに表現し、
「非常に強い言い方」になります。なので、大人が
こればかりを使うのは控えたいですね。

 

これらの理解を踏まえて、want to~と
would like to~を使い分けてみて下さい。

 

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA