I want to~とI would like to~の違いと使い方事例

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

今回は、

 

「I want to~とI would like to~の違いと使い方事例」

 

書いていきたいと思います。

 

結論から言うと、どちらも

「~したい」

と言う意味です。

 

この両者の間で何が違うのかと言うと、

 

want to~::直接的な言い方

would like to~:丁寧な言い方

 

この違いです。

want to~の意味と使い方

wantを使う場合、

I want to lose 3kg.

(3キロ痩せたい~!)

と、ストレートに自分の欲求を表現しているのが分かります。

 

更に、自分の感情を多めに表現したい場合も、こちらのwantを使います。

 

子供が「~したい」と言う時もwantを使っていますね。

 

例えば、「ママこれ欲しい~!」と言う時は、

Mammy, I want this!

(ママー、これ欲しい!)

や、

Mammy, I want to buy this!

(ママー、これ買いたい!)

等の表現です。

 

なので、もし私たちが「~したいです」と

相手に丁寧に自身の欲求を伝えたい場合、

would like to~

この形を使う事を心掛けましょう。

疑問形の場合:Do you want to~?

疑問形の場合は、相手の人に

「~したいのですか?」

と質問しています。

 

そして、ストレートに聞いている事になりますので、そちらも覚えておきましょう。

・Do you want to go shopping tomorrow?
(明日ショッピングに行きたい?)

・Do you want to eat ice cream?
(アイスクリーム食べたい?)

否定形の場合:I don’t want to~

この場合は、

「~したくない」

と、感情をストレートに伝えています。

・I don’t want to go to the dentist.
(歯医者には行きたくない!)

・I don’t want to eat vegetables.
(野菜は食べたくない!)

このような感じになります。

 

would like to~の意味と使い方

would like to~の場合、
既にお伝えしました通り、

 

・相手に依頼する場合
・丁寧な表現をしたい場合
・ビジネスシーンで使う場合
・相手を気遣う場合
(私はこうしたいけど、あなたの意志も尊重しますよ)

このような場合に使います。

 

例えばレストランなので、

I would like to have a cup of coffee.

(コーヒー頂きたいのですが)

等の形で使う事が出来ます。

疑問文の場合:Would you like to ~?

こちらの場合は、

「~したいでしょうか?」

と、相手の人の欲求を丁寧に訪ねています。

例えば、

・Would you like to have a cup of coffee?
(コーヒーを一杯お飲みになられますか?)

・Would you like to rest a little?
(少し休憩したいですか?)

このようなニュアンスになります。

否定文の場合:I wouldn’t like to~

こちらは丁寧に、

「~したくありません」

と表現しています。

・I wouldn’t like to tell you the truth right now.
(今はあなたに真実を話したくありません)

・I wouldn’t like to play tennis outiside because it’s too hot.
(暑すぎるので、外でテニスをしたくありません)

このように表現することが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

丁寧で、カジュアルな場面はwould like to~を。


カジュアルや親しい間柄(友達、家族など)は、want to~を使うようにすると区別する事が出来ます。

 

wantの場合は、自分の欲求をストレートに表現し、「非常に強い言い方」になります。

なので、大人がこればかりを使うのは控えたいですね。

 

これらの理解を踏まえて、want to~とwould like to~を使い分けてみて下さい。

 

それでは今回は以上になります。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました