【日本人が間違いやすい英語表現】I went to there yesterday.「私は昨日そこへ行きました」

【日本人が間違いやすい英語表現】I went to there yesterday.「私は昨日そこへ行きました」

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

さて今回は、

「日本人が間違いやすい英語表現」

と言うことでご紹介して行きたいと思います。

 

それでは早速こちらをご覧ください。

I went to there yesterday.

 

さてこれのどこが間違っているか分かりますか?

 

「えー、私は全然間違っていないとは思うんですが、どこが間違っているんですか?」

 

結論から言うと、今回の場合、前置詞のtoが要らないんですね。

 

前置詞toが要らない理由

これはなぜかと言うと、単語thereは「副詞」になります。

そして、基本的に副詞の前には前置詞は要らないんですね。
(※例外あり)

 

なので特に英語初心者や初級者の場合、今回の

「私は○○へ行きます。/行きました」

と表現したい場合、

 

I go to 〇〇/I went to 〇〇.

 

このように表現されていると思います。

もちろんこの時点では問題ありません。

 

この○○には、実は「名詞」が入ります。

 

名詞が入る場合、直前に前置詞が入ります。

 

しかし今回の場合、thereと言う単語は「副詞」になります。

と言うことは、toが要らないのです。

 

今回この例文をピックアップしたのは、多くの日本人の方が間違いやすい英語表現であり、なおかつ僕も何度もこの間違いをしていたからです苦笑

 

本当は要らないけど、前置詞toを付けてしまいそうな例文

この他にも、

 

・私は家に帰った。
×I went to home.
〇I went home.

 

・彼女は海外に行った。
×She went to abroad.
〇She went abroad.

 

・今朝、彼女から電話がかかってきた。
×I got a phone call from her in this morning.
〇I got  a phone call from her this morning.

 

・私は今週金曜日スーパーに行きます。
×I’m going to the supermarket in this Friday.
〇I’m going to the supermarket this Friday.

 

・彼女はそこにいるよ!
She’s there!
(※例外:強調する場合は、She’s in there!と表現する)

 

このような感じになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

もちろん今回の場合、I went to there yesterday.と言ったから、めちゃくちゃ誤解を与える表現だ、と言う訳ではありません。

 

もちろん意味はしっかり伝わっています。

 

相手側からすると、

「あー、toが入っているな」

と言う感じです。

 

なので、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

もちろん誰でもミスはありますので。

 

英語が話せるようになるにはこのバランスが難しく、

「文法を無視し過ぎず、でも、神経質になり過ぎず」

になります。

 

もちろん文法を正しく使えていることに越したことはないですが、最終的には「コミュニケーションスキルが重要」と考えています。

 

会話中、正しさを重視し過ぎるあまり沈黙になるよりも、多少間違っていても、会話のテンポやリズムの方が大事かなと思います。

 

僕も間違えながら、上達してました。

そして、もちろん今でも間違えることはありますよ。

 

しかし、日々改善を積み重ねて、コツコツ英語上達して行きましょう!

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

●こちらの記事もよく読まれています

Are you~?とDo you~?の違いについて解説します。

 

助動詞wouldには意味がない!?ネイティブが使うwouldの感覚と使い方例文まとめ

 

冠詞のaをつける・つけないってどこで判断するの?

【無料】3秒英会話メルマガ

忙しい方、時間のない方に向けてお届けしています。英語音声付で、使える日常英会話フレーズを配信中!毎日あなたの英語力がUPしていきます。いつでも配信解除可能です。1日1フレーズから気軽に英会話を始めたい方は、この機会に是非無料登録して下さいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA