I lost my walletとI’ve lost my wallet 過去形と現在完了形の違い。

こんにちは、最近財布の運気アップを
実践中の英会話講師パンサー戸川です。

よく英会話レッスンで、
「文法の意味の違い」
の質問があります。

 

これは数えだしたら
キリがないのですが、
特に質問として多いのが、

「過去形と現在完了形の違い」

についてです。

 

今回は3分で解決できるよう
ブログにまとめてみました。

そもそも過去形とは?

「そもそも過去形って何?」

ということから始めたいのですが、
結論から言うと、

「過去のある1点で起こったこと」

を指します。

 

例えば、

「昨日コーヒー1杯を飲んだ」

であれば、

I drank a cup of coffee yesterday.

と、

「過去に起こった事実を述べ、以前の話をする時」

に過去形を使います。

現在完了形とは?

次に現在完了形は、
細かく分けると3種類あります。

1)経験
2)継続
3)完了

この3つがありますが、今回は
2)の継続を使って説明していきますね。

I lost my walletと、I’ve lost my walletの違いとは?

もしぼくがあなたに、

I lost my wallet.

と言えば、

「あー、過去のある時点で財布なくしたんだね。で???」

と冷静になって話を
聞く可能性があります。

 

と言うのも先ほど
お伝えした通り過去形は、

「過去のある1点での出来事」

として表現しているからです。

なので、

「財布をなくしたとは言ったけど、よくよく続けて話を聞いたら今朝見つかった、などと言う可能性もある」

ということなのです。

 

そこで、

I lost my wallet, and I still can’t find it!
(財布をなくして、まだ見つかってないんだ!)

と言えば、心配してくれる可能性があります。

 

これに対し現在完了形の、

I have lost my wallet.

とあなたに言えば、

 

「過去のある時点(例えば、昨日の夜)で財布をなくし、そしてその状態(=財布がなくなっている状態)が、今もなお”継続”している状態なんだ」

 

と瞬時に理解します。

 

という事は、もしこの
I have lost my walletと言えば、

「財布をなくして今もどこにあるか分かんないんだよー、見つかってないんだよー」

という意味も込めて相手に
伝えることができるのです。

 

「なるほど!そういう違いがあったんですね!」

 

はい、そうなんです。

 

他にもいくつかパターンはありますが、
今回はこのパターンだけ覚えて
頂くだけでOKです。

また後日、現在完了形と
過去形の違いを
説明していきますね。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

■関連記事

やさしい英文法7日間無料メールセミナー
英文法が大の苦手なあなたでも、楽しく話せる英文法が身に付く7日間の無料セミナーをご用意致しました。 こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。 「文法が全く分からない!!」 こんな風に悩んでいませ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました