「今日は電車ガラガラ(空いている)だね」って英語で何と言う?

「今日は電車ガラガラ(空いている)だね」って英語で何と言う?

 

こんにちは、英会話講師パンサー戸川です。

 

今日の3秒英会話は、

「今日は電車ガラガラ(空いている)だね」

これを英語で何と言うかがお題になります。

 

これは、

1)The train is empty today.(今日は電車が空いています)

The train is empty today.

と表現することができます。

 

今回の表現は中学英語でも一番シンプルで分かりやすい表現になります。

もし他の文法を使って表現するとすれば、以下のようにも英語で書くことができます。

 

2)There are not a lot of passengers today.(今日はたくさんの乗客がいません)

There are not a lot of passengers today.

このように表現することができます。

 

今回のポイントは2つあります。

There is(are)の構文を使う。

中学英文法で習ったと思いますが、今回の場合は、There is (are)の構文を使うことができます。

 

この意味は、

「~がいる、~がある」

と英語で表現したい時に使うことができます。

 

そしてこの構文を使う時に1つ知っておいて頂きたいことがあります。

 

それは、

「There is」「There are」の構文は、聞き手にとっての新情報を発言する時にのみ使います。

 

他の例文を用いると、例えば友達に、

「ねえねえ、聞いて聞いて。この近くに新しいコンビニがあるんだよ」

と、相手にとって知らないであろう情報を伝えたいとします。

 

この時に、

You know what, there is a new convenience store near here.

 

このように表現することができます。

なので、この機会に是非覚えておきましょう!

 

passengers:「乗客」と言う意味です。

今回は、「電車に乗る客、人」と言う意味で使われています。

 

他にも、

乗客,旅客; 船客,搭乗客

このような意味でも使うことができます。

 

・飛行機に乗る人

・船に乗る人

・電車に乗る人

・etc…

 

と言う意味です。

 

よくTOEICでも頻出する単語ですので、この機会にまとめて覚えておきましょう!

 

3)The train is not as busy as normal today.(今日は電車がいつもほど混雑していません)

直訳すると、

「その電車はいつもほど忙しくはない」

となります。

 

と言うことは、「今日は電車がガラガラ(空いている)ですね」とまではイコールではないものの、このように「近い表現」でも表すことができます。

 

特にスピーキング力ではこの力が試される(=俗に言う「言い換え力」)ので、この発想も、持っておきましょう。

not as ~as:「~ほど・・・でない」

これ、意外と日常会話に頻出します。

僕もよくこの表現を使っています。

 

元々は、

as 原級(※形容詞OR副詞が入る) as

で、

「Aと同じくらいBだ」

と表現したい時にこの表現が使われます。

 

例文として、

・Tom is as tall as John.
(トムはジョンと同じくらい背が高い)

 

このようになります。

 

これは、

優劣の意味ではなく、「~と同じだ」や「~と同じくらいだ」というように、程度が同じことを意味として表しています。

 

そしてこれにnotが入ると、

・Tom is not as tall as John.
(トムはジョンほど背は高くない(=ジョンの方がトムより背は高い))

 

このようになります。

 

これらを踏まえて今回の例文である、「今日は電車がガラガラ(空いている)ですね」を英語にすると、

 

The train is not as busy as normal today.
(普段と比べて今日は電車忙しくないですね=空いていますね)

 

と、表現することができます。

4)The train is very quiet today.(今日はとても静かですね)

実は、「音」にフォーカスしても表現することができます。

 

今回の例文の直訳は、

「今日の電車はとても静かですね」

と、人と言うより、「音」に焦点が当たっています。

 

と言うことは、

「人があまりいないですね=今日の電車はガラガラ(空いています)ね」

と、表現することもできるのです。

 

こう考えると、英語って色々な表現があるので面白いですね。

まとめ。

さていかがでしたでしょうか?

 

今回のように、英語で表現する場合は1つだけではなく、複数の表現方法があります。

 

今回のポイントは、

「自分が言う時は、一番言いやすい表現を1個だけ選択して、とっさに表現できる準備をしておく」

と言うことです。

 

そして自分がリスニングをして相手を理解する為には、

「The train is empty today.以外にも、色々な表現方法があるんだなー」

と知っておくことです。

 

それだけでも英会話の時に向けて心の準備ができますので、是非他のフレーズの時にも、応用してみて下さいね。

 

それでは今回はこの辺で。

ありがとうございました!

 

●こちらの記事もよく読まれています

I want to~とI would like to~の違いと使い方事例

 

I want to~とI would like to~の違いと使い方事例

Could you~?とWould you~?の違いって何ですか?

 

 

 

【無料】3秒英会話メルマガ

忙しい方、時間のない方に向けてお届けしています。英語音声付で、使える日常英会話フレーズを配信中!毎日あなたの英語力がUPしていきます。いつでも配信解除可能です。1日1フレーズから気軽に英会話を始めたい方は、この機会に是非無料登録して下さいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA