【英文法】Could you~?とWould you~?の違いって何ですか?

こんにちは、本日は
キングダム50巻発売日で
早く読みたい気持ちが止まらない
英会話講師パンサー戸川です。

さて今回は英会話でよく聞く、

・Could you~?
・Would you~?

の違いについて説明して
いきたいと思います。

・いつ?
・だれに?
・どんなタイミングで?

等も合わせて説明していきますねー

Could you~?とは、「能力、もしくは物理的にできるかどうか」を聞いています。

Couldは、canの過去形だ、と言うことは
どこかで聞いたことあると思います。

 

この場合、

「現在形(=can)を過去形(=could)にすることによって、相手との距離を1歩下げる(後ろに引く)ということから、表現が柔らかくなる→丁寧になる」

 

という理解をしていきます。

 

例えば、

Can you open the door?

だと、

「ドア開けれる?」

となり、

 

Could you open the door?

にすると、相手との距離を出す(1歩後ろに引く)=丁寧になる、
という発想に持っていきます。

なので、

「ドアを開けることは可能ですか?」

という訳になるのです。

Would you~?は、「相手が気持ちよく~してくれるかどうか?」を聞いています。

これに対しWould you~?は、

「相手が~できるかどうかを聞いているのではなく、快く~してくれるかどうか?」

を聞いています。

 

先ほどの、

・Can you~?
・Could you~?

の違いでも説明したように、

 

・Will you~?
・Would you~?

違いは、

Will you~?→「~してくれない?」とカジュアルに聞いている。

Would you~?→「~してくださいますか?」と丁寧に聞いている。

 

これらが違いになります。

 

●まとめ。Could you~?は、「物理的・能力的に実行可能か」に重点を置き、Would you~?は、「快くそれをしてくれるかどうか」に重点を置いています。

なのでこれらを使い分ける時は、

 

「自分はどちらに重点を置いて、相手に伝えたいか?」

ということを考えて、
使ってみることをオススメします。

 

日本語でも時々、

「ドア、開けることできますか?」

や、

「ドア、開けてもらえますか?」

と使っている時があると思います。

 

最初に書いた、

「ドア、開けることできますか?(=ドア、開けて欲しいなぁ、というか、開けてください」

みたいな感じで
僕は使うことはあります笑

 

念のため例文を書くと、

・Could you close the door?
(ドア、閉めることはできますか?)

・Would you close the door?
(ドア、閉めてもらえますか?)

の違いです。

 

この2つの違いを押さえておけば、
後は、Could you~?,Would you~?

~の箇所を色々入れ替えるだけで、
たくさんの表現ができますので、
是非覚えてみてください。

それでは今回はこの辺で。
ありがとうございました!

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA