borrowとrentの違いと使い方事例まとめ

borrowとrentの違いと使い方事例まとめ

 

こんにちは。英会話講師パンサー戸川です。

 

「かりる」を意味する英語はborrowとrentがあるのですが、この違いって分かりますか?

 

「いやー、分かりそうでわかりません^^;」

 

僕も最初は違いが分かりませんでした。

 

当たり前ですが、最初は誰でも分からないですし、知らないのです。

 

1つ1つ丁寧にこなすと、あなたの英語上達の助けになります。

その1歩は小さいですが、丁寧にその力を積み上げて行きましょう。

 

それでは今から説明していきますね。

borrowの意味

こちらは、「かりる」と言う意味ですが、(無料で)と言う言葉がつきます。

 

例えば、

・図書館で本やDVD、ビデオを無料でかりるとき

・友達から何かを無料でかりるとき

・かりると言う行為に対し、金銭が発生しないとき

の場合に、borrowを使います。

 

では以下にいくつか例文を書いていきます。

borrowを使った例文

・Can I borrow your DVD?
(キャナイ ボゥロゥ ユア ディーヴィーディー?)

(DVDかりていいかな?)



・Can I borrow these books?(※図書館で。)
(キャナイ ボゥロゥ ズィーズ ブックス?)

(これらの本をかりて良いですか?)



・I would like to borrow your note book.
(アイド ライクトゥー ボゥロゥ ユア ノゥト ブック)

(あなたのノートかりたいです。)

このようになります。

rentの意味

borrowは無料でかりると事に対し、rentは、そのかりる物事に対し、お金が発生する時に、使います。

 

例えば、

・TSUTAYAでCDやDVD等をかりるとき

・部屋をかりるとき

・レンタルサイクル屋さんで、自転車をかりるとき

・レンタカーで車をかりるとき

このような場合に、rentを使います。

 

rentを使った例文

では、以下が例文になります。

 

・I would like to rent this DVD.
(アイド ライクトゥー レント ディス ディーヴィーディー)

(このDVDかりたいんですけど。)



・I would like to rent a car for one day.
(アイド ライクトゥー レンタ カー フォー ワン デイ。)

(1日車をかりたいのですが。)

このようになります。

 

最初の段階では間違うかもしれませんが、それでも大丈夫です。

繰り返し声に出して話していくことにより、覚えていきます。

 

なので、焦らず確実にこなしていきましょうね。

 

それでは今日の記事はここまでです。

ありがとうございました。

 

●こちらの記事もよく読まれています

「おめでとう!」を英語でCongratulation!って言わないのは本当ですか?

Pleaseを付けると丁寧になるって教わったんですが、必ずしもそうではないって本当ですか?

英語で体調不良を表現したい時に使えるフレーズ集まとめ。

 

Feel English英文法7日間無料動画メールセミナー

中学英文法メールセミナー動画を無料でプレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA